1. HOME
  2. 【カテゴリ】 資格試験の時間術

上手な勉強計画の立て方

「受験」というと、とかく「まず計画を立てることが重要」という風に教わってきた方が多いと思います。

しかし、資格試験の勉強においては、勉強計画を綿密に立てる必要はない、と断言できます。実際に、私は今までの資格試験で、学習を始める前に計画を立てたことはありませんが、全ての試験を一発で合格してきました。スケジュール帳すら使ったことはありません。

ただし、注意して頂きたいのですが、「計画がいらない」というのは、全く無計画でダラダラと勉強する、という意味ではなく、「細かい」「綿密な」計画を作る必要はない、ということです。

何度も繰り返しになりますが、資格試験の勉強は時間の制約の中で最大限の効果を発揮しなければいけません。詳しい計画を作る時間があったら、勉強にあてた方が効率的です

そもそも、勉強したことのない資格、科目なのに、勉強を始める前に詳しい計画など立てられるわけもありません。

また、仕事をしながら勉強する場合には、急な残業や出張もあるでしょうし、どうしても忙しくて勉強時間が取れない月や週も出てくるでしょう。家族との付き合いや子供の世話もあります。

計画をかりに立てたとしても、計画どおりに進められないことがほとんどです。細かい計画を立てれば立てるほど、実際の勉強が計画に追いつかず、ストレスのもととなります。これでは返って逆効果です。

とはいえ、本試験までの時間が限られた中で、効率よく勉強を進めていくには、ある程度のスケジューリングが必要です。私の経験から、具体的な方法をお伝えすると次のようになります。

<勉強開始前>

初めて勉強に取りかかる前に、スクールのカリキュラム日程や通信の教材発送スケジュールをチェックします。

チェックのポイントは、何月頃までに科目別のインプット学習を終えるべきか、何月頃からアウトプット学習を開始するのか、模擬試験がいつ頃あるか、といった大まかなスケジュールをざっくり把握することです。

<勉強開始後>

いったん勉強を開始したら、スクールの講義日程にしたがって、カリキュラムを着実にこなしていくことです。スクールのカリキュラムは、そのとおりに学習していけば確実に合格できるように設計されています。

インプット期間の間に、予習→講義→復習、といったサイクルを着実に身に付けていきましょう。このようなサイクルを回していくと、自分の苦手科目や不得意分野がだんだんと分かってきます。

不得意分野が分かってきたら、週単位、月単位といった大まかなレベルでよいので、「今週は〇〇科目のこのあたりを重点的に勉強しよう」「今月は〇〇の問題演習に重点を置こう」といったアバウトな目標を設定します。一週間や曜日ごとの細かい勉強予定や計画を立てる必要は全くありません。

このように、無理なく合格ラインに到達するための時間管理のコツは、「ざっくり」としたスケジューリングと、自分の学習進行レベルや科目ごとの得意不得意に合わせた「柔軟で臨機応変」な勉強時間の配分を意識することです。

また、勉強期間の中で節目となる、科目ごとのインプット講義開始時期や、答案練習の開始時期などを頭に入れて、「今は何を優先的に取り組むべきか」をいつも意識しながら進めることが大切です。

魔法のシートで行う驚異のタイムマネジメント
魔法のシートで行う驚異のタイムマネジメント
忙しい仕事を抱えながら、資格の勉強時間を確保するには、現在の仕事も効率よくこなし、勉強に集中できる環境を作っていく必要があります。この本では「仕事のしくみを科学する」ことからスタートし、「魔法のシート」と呼ばれる、スケジュール帳とも違う、タイムマネジメントの手法をわかりやすく紹介しています。実践的です。