1. HOME
  2. 【カテゴリ】 効率的なインプット学習の秘訣

「分からなかったこと」を忘れない

資格試験の内容・範囲はどれも専門的で膨大な量にのぼります。よほどの天才的な頭脳の持ち主でない限り、テキストを1回読んだだけで全て理解できるということはないでしょう。試験範囲を繰り返し学習する中でだんだんと理解できればよいのであって、最初の頃は分からないことがたくさんあっても、悩む必要は全くありません。

大事なのは、理解できない項目や、意味が分からない用語にぶつかった場合に、「どこが分からなかったのか」を自分なりにきちんと記録しておくことです。

記録の仕方としては、テキストに印を付ける、メモしておく、などどんな方法でも構いません。

インプットに時間をかけているのになかなか知識が身に付かない、という人は、勉強しているまさにその時は「ここがよく分からない」と認識しているのに、分からなかったポイントを記録せずにそのまま放置してしまうことが多いです。このような勉強の仕方では、時間が経つと、結局どこが理解できて、どこが理解できなかったのかすら忘れてしまいます。

反復学習の際に、1回目の勉強ですぐに理解できたことと、理解できなかったことを全て同じ力の入れ方で勉強するのは非常に効率の悪いやり方です。結果的に、また同じところでつまずいてしまい、いつまで経っても力がアップしません。

資格試験の勉強は、「分からないことを把握して、それを一つ一つつぶしていくプロセス」ともいえます。

分からなかったことをハッキリさせておけば、次回講師の話を聞くときや、自宅で復習するとき、2回目、3回目とテキストを回すときに、その部分を重点的に学習することができるのです。ごく簡単なことですが、少し意識するだけでインプットの効率がアップしますので、ぜひ試してみてください。

一方で、「分からないことがあったらすぐにその場で解決する」という考え方もあります。確かに、近くに講師がいるなど、すぐに質問できる環境がある場合には、すぐに解決できるに超したことはありません。

しかし、実際に勉強を始めると分かりますが、資格試験の科目は、高校や大学の勉強や、日々の仕事や生活と直接関連のない専門的な内容が多いので、分からないことが次々と出てくるのが普通です。分からないことをすぐに解決しよう、とこだわるあまり、そこから先に勉強が進まなくなると、学習効率が大幅にダウンしてしまいます。

特にインプット段階の初めの段階では、分からないことが出てきたとしても、「どこが分からなかったのかを自分なりにしっかり把握すること」に努めましょう。多少は分からないことがあったとしても、まずは全体像や項目の体系を理解することに重点を置くことが、結果的に効率的な学習につながります。

合格(ウカ)る技術
合格(ウカ)る技術
CFPを1ヶ月、行政書士を2ヶ月の勉強でクリアした著者の、超効率的勉強法です。過去問重視、まず目次を覚える、眺め読みなど、どんな資格受験にも参考になる内容になっています。分厚いテキストを前に悩んでいるあなたにぜひおススメです。